概要

「ナムギャル」は、新井サンポ先生が創立された、チベット仏教ニンマ派のグループです。 日本語で「法の勝利を得る」を意味するその名は、新井サンポ先生のラマ(師)であるケツンサンポ・リンポチェによって名付けられました。

この度、日本の僧アライサンポさんが、仏教グループを創立します。
名前を「ナムギャル・ツォクパ」と付けました。
このグループが自他いずれのためにも役に立つよう強く希望します。
関係の皆様方のご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

2005年5月15日の吉日に

ケツンサンポ


ダライラマ法王のご活躍により、日本でも「チベット仏教」の存在は広く知られるようになりましたが、その具体的な内容については、まだまだ深く知られてはおりません

ナムギャルでは様々なお勉強会やイベントを通し、広く、あまねく、沢山の方々にチベット仏教の考え方や精神、文化に触れる機会を作ります。

設立から10年、まだまだ40名程度の小さなグループですが、将来的にはリトリートセンターを持ち、チベット仏教の伝統的な学びと修行が出来る場を作るべく、活動してまいります。

教育・普及活動

お勉強会:
日常生活に活かせる一般的なものから、チベット密教について学ぶ専門的なものまで、月間10件ほど定期開催しています。

イベント:
定期イベント他、年数回、国内外の寺院を巡る、巡礼ツアーを実施しています。

法話会・講演会:
国内外の僧侶、講師を招聘し、法話会、講演会を実施しています。

チベット語・法要会:
新井サンポ先生に加え、年数回ネパールよりパサン・ツェリン先生を招聘し、ネイティヴなチベット語、伝統的な法要を学ぶ会を実施しています。

支援活動

ネパール・スンダリジャルのゴンバ支援活動を行っております。

ページのトップへ戻る