3月18日 ~25日 ネパール研修

イベントレポート 2018年

ボダナートの様子

2015年のネパール大地震から約3年が経ちました。
聖地のボダナートの仏塔はすっかり修復され、沢山の人が仏塔の周りを御参りされていました。
また、夜の仏塔はライトアップし五色のタルチョが綺麗に照らせれ、ネパールの乾いた風になびいていました。

早朝のボタナートにあるグルラカン(お寺)では朝の法要が執り行われ、お経を読む沢山のお坊さんの声と楽器の音が鳴り響いていました。
お寺に入ると、お坊さんが私たち一人一人の首に赤い糸のお守りを巻いてくださり座布団と温かいお茶まで用意してくださいました。
近くで仏様を感じることが出来たうえに、親切で心温まるおもてなしをして頂き、感謝と感動の御参りとなりました。

ボダナート

スンダリジャルの様子

新井先生が修行なさったスンダリジャル寺院へご挨拶と御参りに行きました。
寺院入口には、新井先生のお師匠様「ケツン・サンポ・リンポチェ」の奥様、「アチャーラ」の新しい大きな仏塔が建てられていました。

スンダリジャル寺院

リンポチェのお部屋

感想

新井先生のお取り計らいいただき、丁寧にゆっくりとスケジュールには無い数々の聖地へ巡礼させていただきました。
迫力ある大自然の聖地、街や素朴な村、そこには宗教を問わずネパールの人々の素晴らしい信仰の力と習慣の力を肌で感じることのできた巡礼研修でした。
今回の巡礼で積ませていただいたものは、全て生けとし生けるものの功徳となりますように。

ボタニカルカンタン周辺

ナモブッタ

ナガルコット

新井先生、ありがとうございました。