[イベントレポート]THC(チベタン法要クラブ)法要遠征 墨外展 清水市フェルケール博物館

イベントレポート 2018年

概要

日時:平成30年11月13日(火)
場所:静岡県清水フェルケール博物館

スケジュール

16:30

法要開始
タシゲバ(開経偈)、ツィグドゥンソルデップ、リオサンチュ(朝のお勤め)
般若心経(内堀陽弘師)、モンラム

17:00

新井先生ご挨拶

18:00

解散

感想

 11月13日(火)静岡県清水市にありますフェルケール博物館にてTHC(チベタン法要クラブ)で法要を執り行わさせて頂きました。
 11月10日から開催されている墨外展は第一展示室と第2展示室と分かれ、沢山のひかりの絹を纏った仏様達が、今までとはまた違う印象を見せて下さり、黄金色がひときわ鮮やかに彩られて飾られていました。

その中で閉館後の凛と静まった館内で始まった法要は、墨外先生の截金の仏様達に包まれた中、館内中心から始まり、第一展示室、そして第二展示室へと丁寧にお経をあげてまいりました。

お寺での法要とは違い、立ってお経をあげながら仏様達の前で法要ができたことはTHCにとっても初めての試みでもあり、心を込めて法要ができた素晴らしい経験となりました。

墨外先生の截金仏画とのご縁を大切にこれからもTHCの活動を広げていけたらと思います。

THCでは日本語のお経も用意しております。

これからもたくさんの方々と尊い時間を一緒に過ごせたらと思います。